儲かる商品が全く見つかりません

  • 儲かる商品が全く見つかりません はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

こんにちは

支配からの解放者
0→100輸入転売コンサルの伊藤です

 

輸入転売を始めたばかりの頃は
全然儲かる商品が見つかりません。

 

ですので、はじめて数日で
諦めてしまう方はとても多いです。

 

ナポレオン・ヒルの師匠であるのカーネギーは
『成功するには、成功するまで決して諦めないことだ。』
と言っています。

 

諦めなければ成功するのはわかりますが
それが難しいんですよね。

 

しかし、その諦めないための方法というのも
ナポレオンヒルは自身の著書で示しています。

 

それは、
「明確な目的を設定する」
ということです。

これは7つの習慣の一つでもあります。
(第2の習慣:目的をもって始める)

 

人間は理由のないことをやりたがらないようになっています。
むしろ苦痛さえ感じます。

 

第二次世界大戦中にナチスドイツが行った拷問に
意味もなく穴を掘ってそれを埋めるという作業を
永遠にリピートさせるというものがありました。

 

意味のないことを永遠にやらせることで神経を衰弱させて
自殺に追い込むというものです。

 

 

僕もサラリーマン時代は
この作業に何の意味があるのかわからなくて
相当な苦痛を覚えた記憶があります。

 

仕事を苦に自殺するの方がいるのは
こういった経緯があるからかもしれませんね。

 

 

ではここで、冒頭のお話に戻りますが
輸入転売もはじめのころは儲かる商品が見つからないリサーチを繰り返すことになります。

この作業って意味あるのかな・・・?

 

これは僕も含めて誰もが思う疑問です。

 

 

しかしこの儲かる商品が見つからない作業というのが
じつは超大切だったりします。

 

 

儲かる商品が見つからない
= 儲からない商品が見つかる

 

というのはわかりますね?

 

 

一度、もうからない商品を調べたのであれば
次回からその商品を調べる必要はありません。

 

 

儲からない商品を見つけていくということは
儲かる商品を見つけやすくするということなのです。

 

 

魚の絶対数が同じであれば
広大な海よりも小さな池のほうが捕まえやすいですからね。

 

こうして外堀を埋めていくことで
リサーチを効率的に進めることができるようになります。

 

あのトーマス・エジソンも失敗するたびに
「またひとつ成功に近づいた!」と失敗を喜んでいたそうです。

 

実際、死ぬほど失敗しています。

 

リサーチの目的は儲からない商品を見つけて
儲かる商品を見つけやすくするという作業だと思ってください。

 

いつの間にか儲かる商品しか見つからなくなるはずです。

 

mail

名前

メールアドレス


※ メルマガはいつでも解除できます。
  • 2017 02.18
  • 儲かる商品が全く見つかりません はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

h_nosuke
株式会社アクションジャパン代表取締役
伊藤進之介(マネ虎 )

eBay仕入れヤフオク!販売・Amazon輸入
中国輸入・ネットショップ販売
あらゆる輸入ビジネスに通じた
いわゆる「オールラウンドプレーヤー」

主な活動
 ・輸入転売ビジネス
 ・コンサルティングサービス
 ・個人貿易倶楽部講師

1980年2月:千葉県で生まれる
2011年1月:輸入転売をスタート
2015年4月:月収450万円を達成
2016年12月:人気投票でダントツのためBigtomorrow再掲載
・・・続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

LINE@

友だち追加
※ いつでもブロックできます。

おすすめカテゴリー記事