WIN-WIN はもう古い?

  • WIN-WIN はもう古い? はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

こんにちは

 

支配からの解放者
0→100輸入転売コンサルの伊藤です
僕が運営するマネクエのコミニティが
どんどん成長しています。

 

マネクエの特典には
すべてのメンバーが参加できる
チャットーワークがあります。

 

ここでは
輸入転売に関する疑問やトラブルなど
様々な問題を解決することができます。

 

このチャットワークではいままでの過去ログを
入会の時期を問わず誰でも遡ることもできるのですが

 

この内容を参考にするだけでも
初心者が月収100万円を達成することは
難しくないと思います。

 

決して大袈裟でははなく
本当にそれくらい濃い内容が収縮されています。

 

 

そんなチャットワークもはじめは
僕がメンバーの質問に答えていくような
シンプルな構造でした。

 

僕もそういった構造を想像していました。

 

ところが
いつからか他のメンバーも
回答をするようになってきました。

 

いまでは僕が回答するまもなく
問題が解決していることも多々あります。

 

なかには僕も知らないようなことまで
回答できるメンバーもいて
僕自身も学ばせていただいています。

 

コミニティ自体が自立し始めているんですね。
これはすごく理想的なことだと思います。

 

こういったコミニティを構築するには
いくつか気をつけていることがあります。

 

最も気をつかっているのが
コミニティの空気感です。

 

今ではマネクエには
200名以上の参加者がいます。

 

そうなってくるとどうしても
価値観の合わない方も出てきます。

 

その代表的なものが
依存気質の方ですね。

 

なにかにつけて言い訳したり
他人のせいにしたするタイプの人間です。

 

 

こういった方は
メンバーが盛り上がっているときに水を差したり
相手にして欲しくてわざと問題ある発言をして
コミニティの輪を崩します。

 

正直、
そういった依存者のマインドを変えるのには
かなり時間がかかります。

 

僕が対面で一日コンサルしても
成功率は半分くらいだと思います。

 

希望があればそういった対応もしますが
そういった方はそんな判断さえもできませんし
なにより僕が疲れます。

 

 

ですので
こういった場合はコミニティからはずれてもらう
というのがみんなが「WIN」になる方法なのです。

 

依存者も無駄な時間を使わなくて済むので WIN
コミニティも明るくなり WIN
僕も疲れないので WIN

 

という状態です。

 

WIN-WIN ではなく
WIN-WIN-WIN なんですね。

 

じつはこれはもともと日本に存在する
近江商人の「三方良し」という考え方です。

 

これが
僕がコミニティを運営するうえで
最も重要としているポイントです。

 

日本のとある老舗旅館も
この考えを取り入れていて

 

ちいさいお子様がいるお客様は
宿泊をお断りするそうです。
(子供は騒ぐのが仕事です)

 

家族連れはお金になりますが
それよりも旅館の空気感を大切にすることで
その旅館の品格を保っているわけです。

 

もしあなたも
なにかのグループをまとめるのであれば
この空気感というものを大切にしてみてくださいね。

 

P.S

船原さんや宅間さんなど
輸入業界の大御所からも推薦していただいています。

輸入転売初心者のための冒険の書

「マネトラクエストX」
http://mane-tora.com/cs2/86/

 

 

mail

名前

メールアドレス


※ メルマガはいつでも解除できます。
  • 2016 04.18
  • WIN-WIN はもう古い? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

h_nosuke
株式会社アクションジャパン代表取締役
伊藤進之介(マネ虎 )

eBay仕入れヤフオク!販売・Amazon輸入
中国輸入・ネットショップ販売
あらゆる輸入ビジネスに通じた
いわゆる「オールラウンドプレーヤー」

主な活動
 ・輸入転売ビジネス
 ・コンサルティングサービス
 ・個人貿易倶楽部講師

1980年2月:千葉県で生まれる
2011年1月:輸入転売をスタート
2015年4月:月収450万円を達成
2016年12月:人気投票でダントツのためBigtomorrow再掲載
・・・続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

LINE@

友だち追加
※ いつでもブロックできます。

おすすめカテゴリー記事