コンサル マーケティング 人生 便利ツール 初心者 経営 経済 輸入転売

PDCAサイクルを転売に例えて解説します

更新日:

 

PDCAサイクルってめちゃくちゃ重要です。

 

これを
知らないだけであなたの人生はかなり不利になります。

 

逆に知っていれば(使わないと無意味ですが)
それだけであなたの人生は他人よりもかなり有利になります。

 

今日はそんなPDCAサイクルについて
しっかりと解説しておきます。

 

PDCAサイクルって何?

 

そもそもPDCAサイクルって何?っていうお話なのですが
これら4つの頭文字を取ってPDCAになります。

 

P Plan 計画、予測

D Do 行動

C Check 確認

A Action 改善

 

これを何度も回す(サイクル)するから
PDCAサイクルっていうんですね。

 

この何度も回すという所がポント
PDCAは1回やるだけでは効果は激減です。

 

何度も回すことで初めてPDCAサイクルになります。

 

では
そのPDCAサイクルを転売を例にあげて解説してゆきましょう。

 

P Plan (計画、予測)

 

まずは計画、予測です。

 

これは転売に例えるとリサーチの部分になります。

 

儲かりそうな商品を
リストアップして過去相場で照らし合わせて
物販の3原則に当てはめて儲かるかどうかを予測します。

 

正しいリサーチ方法を知っていれば
ぶっちゃけ儲かる商品というのは鬼ほど見つかります。

 

つまり、問題はこの先なのです

 

 

D Do 行動

 

儲かる(と予測できる)商品をみつけたら
それを仕入れて出品します。

 

これがDo(行動)にあたります。

 

しかし
このDoが出来る人って結構少ないんです。

 

儲かる商品は見つかるんだけど
いざ仕入れるとなるとなかなか前に進めないんですね。

 

もし
5000円の商品を仕入れて
超最悪の事態が起きたとしても5000円が減るだけです。

 

それもまずありえないのですが
そんな超激レアなリスクを取れないものです。

 

これが
初心者の第一の壁である所以でもあります。

 

ここで勇気を持ってDoしたら
その次のステージに進みましょう。

 

 

C Check 確認

 

意外とこれをやってない人が多いです。

 

1.いくらで仕入れていくらで売れたのか?
2.いつ仕入れていつ売れたのか?

 

最低でもこれだけはエクセルに記録しておいてください。

 

もう少しいえば

 

誰から仕入れて誰に売れたのか?
その方たちの連絡先は?

 

ここまでいけばCheck(確認)は完璧です。

 

これで
儲かったのか儲からなかったのか?
ということが分かったらいよいよ最後のステージに進みましょう。

 

 

A Action 改善

 

PDCAサイクルにおいてほとんどの方が知らない
もしくは、やっていないのがこの改善です。

 

Actionを改善と訳すのは苦しい所ですが
ここは言葉に捕らわれずにそういうものだと思って良いです。

 

もし、
Checkした結果儲からないのであれば
次からは仕入れないようにすれば良いし

 

儲かったのであれば
さらにその商品から派生させてリサーチ(予測)すればいいです。

 

これが
Action(改善)からPlan(予測)への美しい流れとなります。

 

 

まとめ

 

PDCAサイクルとは

 

P 儲かる商品をリサーチして
D 実際に仕入れて売って
C その結果儲かったのかどうかを検証し
A そこから過ぎの儲かる仕入れにつなげる

 

これを繰り返すということです。

 

いかがでしょうか?

 

あなたのビジネスでも
このPDCAサイクルは応用できるはずです。

 

さらに、このPDCAサイクルは
人間関係や恋愛、健康管理にも応用できる
オールマイティーなテンプレートです。

 

ぜひ、このPDCAサイクルを取り入れて
あなたの人生を有利に展開していってくださいね。

 

PDCAサイクルの解説はこちらの動画でも解説しています

メルマガ登録

mail

名前

メールアドレス


※ メルマガはいつでも解除できます。

人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

-コンサル, マーケティング, 人生, 便利ツール, 初心者, 経営, 経済, 輸入転売

Copyright© eBay輸入転売で脱サラする方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.