もっと賢い失業保険のもらい方

  • もっと賢い失業保険のもらい方 はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

こんにちは
マネ虎こと伊藤進之介です

前回、日本の法律では簡単に従業員を解雇できない
ということをお話しいたしました。

このような不当解雇の場合
会社側は給与の6か月分を負担することが
相場とないるようです。

また、会社都合退社と自己都合退社では
もらえる失業保険の待遇も額も全く違う
ということも以前お話しいたしましたね。

【上手な失業保険のもらい方】
http://mane-tora.com/?p=1037

日本は使われている側に優しい国なんですね。

では今回は
もっと賢く失業保険をもらう方法
をお伝えしたいと思います。

やむ負えない理由で会社に辞表を提出する場合
自己都合退職という形をとってしまうことが多いのですが

その退職理由によっては
会社都合と同等の失業保険をもらえる場合があります。

「特定受給者資格」とよばれるものです。

【特定受給資格者の範囲】
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_range.html

労働条件が始めの約束と違ったり
セクハラやパワハラをうけていたり
うつ病になってしまったりと
その理由は多岐にわたりますが

要は本人の責任ではないのに
退職を余技なくされた場合に適合します。

僕は以前、上司に暴力を振るわれ
やむおえなく退職したことがります。

些細なことで口論になったわけですが
僕は突き飛ばされ壁に激突したのです。

その時僕はすぐに警察を呼んで
暴力を振るわれた証拠を残しました。

その後病院にもい行き
ぶつけた個所の診断書
も証拠としてもらいました。

もちろんその会社には行きたくなかったので
自己都合退社という形で退職をします。

でもこれは明らかに会社側の責任であって僕は被害者です。

失業保険も自己都合扱いになるのは
おかしいと思い調べてみました。

そこでさきほどの特定受給資格者
という制度があることを知りました。

すぐにハローワークへ行き
失業保険の手続きの際に暴力があったことを説明し
その証拠(診断書コピー)を提出しました。

すると一旦は自己都合で処理されていた
僕の失業保険も会社都合退職扱いの処理に変わり
しかるべき失業保険を受け取ることができました。

何事もそうですが法律に訴える場合には
第三者が見てあきらかな証拠が必要になります。

このような書類もそうですが
音声や写真または映像などですね。

もし、あなたも何かトラブルがあった際には
必ずなにかしらの証拠を取っておいてくださいね。

これは弱者が強者に勝つための手段でもあります。

ではでは

追伸
今年はこの新年会に参加してみようと思います。
(1月17日締切)
http://mane-tora.com/cs2/97/

もしあなたも参加されるのであれば
こちらのフォームからご連絡下さい。
http://mane-tora.com/cs2/98/

P.S
船原さんや宅間さんなど輸入業界の大御所からも推薦していただいています!
「マネトラクエストX」
http://mane-tora.com/cs2/84/
(リンクが無効の場合は募集を停止しています。)

P.S.2
輸入転売初心者のために全10回の無料メルマガ講座を作りました。
http://mane-tora.com/cs2/87/

現在?位
  ↓↓↓

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
発行者情報

発行者 伊藤進之介(マネ虎)
相談  http://mane-tora.com/ご相談はこちら/

mail

名前

メールアドレス


※ メルマガはいつでも解除できます。
  • 2015 01.14
  • もっと賢い失業保険のもらい方 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

h_nosuke
株式会社アクションジャパン代表取締役
伊藤進之介(マネ虎 )

eBay仕入れヤフオク!販売・Amazon輸入
中国輸入・ネットショップ販売
あらゆる輸入ビジネスに通じた
いわゆる「オールラウンドプレーヤー」

主な活動
 ・輸入転売ビジネス
 ・コンサルティングサービス
 ・個人貿易倶楽部講師

1980年2月:千葉県で生まれる
2011年1月:輸入転売をスタート
2015年4月:月収450万円を達成
2016年12月:人気投票でダントツのためBigtomorrow再掲載
・・・続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

LINE@

友だち追加
※ いつでもブロックできます。

おすすめカテゴリー記事