もう、二度とワタミから自殺者をださないために

  • もう、二度とワタミから自殺者をださないために はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

こんにちは

 

支配からの解放者
0→100転売コンサルの伊藤です

 

ブラック企業として有名な
あのワタミグループから

 

また、
悲しい事件が起きてしまいました。

 

今回は、
代表の渡辺美樹氏が初めて謝罪し
1億5千万円の損害賠償を支払ったそうです。

 

命の対価としては
あまりにも安い金額ですね。

 

なぜ、
このような悲惨な事件が
後を絶たないのでしょうか?

 

それは、
渡辺氏の世界観と
自殺する社員の世界観が
全く違うからです。

 

渡辺氏は若いころ
寝る間も惜しんで働きまくり
血ヘドを吐いて起業しました。

 

彼にとっては
それが正義だったからです。

 

一方、
今回自殺してしまった女性は

 

2か月の間、
12時間前後の労働の
過労死(自殺)してしまったとのこと。

 

彼女にとっての労働(残業)は
苦痛でしかなかったのでしょう。

 

おそらく
若いころの渡辺社長の方が
長時間労働していたはずです。

 

ではいったい、

なぜ労働時間としては少ないはずの
彼女の方が過労死をしてしまったのでしょうか?

 

これはアインシュタインの
相対性理論にも通ずるものがあって

 

つまらないことをしているときは
好きなことをしているときに比べ
時の流れが遅くなるからです。

 

僕も、
サラリーマン時代は
仕事が苦痛でしかなかったので

 

労働中の1時間は
ものすごく長く感じていました。

 

逆に、
ゲームをしたり
YouTubeを見ていると

 

その時間は
あっという間に過ぎてゆきます。

 

また、

今の仕事に関していえば
コンサルを6時間ぶっとおしでも
まったく疲れません。

 

ましてや
儲かる商品のリサーチなんかは
ドラクエをやってるような感覚なので
寝落ちするまで無限にできてしまいます。

 

ここまでくると
時間の感覚はないに等しいです。

 

今となっては
死んでもサラリーマンなんかに
戻りたくありません。

 

あんなものはただの拷問にすぎません。
あなたの命を社長に捧げてるよなものです。

 

もし、あなたの周りにも
長時労働を強制されて
覇気を失った目をしている方がいたら
すぐに僕に紹介してください。

 

少なくともその方の命は
救えるはずです。

 

P.S

あなたも自分の力だけで
お金を稼ぐ力をつけてみませんか?

そもそもお金なんていうものは
ゲーム感覚で稼ぐくらいでいいと思います。

ぜひ僕たちと一緒に
楽しく冒険しましょう。

マネトラクエストX
http://mane-tora.com/cs2/86/

 

 

mail

名前

メールアドレス


  • 2015 12.10
  • もう、二度とワタミから自殺者をださないために はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

h_nosuke
株式会社アクションジャパン代表取締役
伊藤進之介(マネ虎 )

eBay仕入れヤフオク!販売・Amazon輸入
中国輸入・ネットショップ販売
あらゆる輸入ビジネスに通じた
いわゆる「オールラウンドプレーヤー」

主な活動
 ・輸入転売ビジネス
 ・コンサルティングサービス
 ・個人貿易倶楽部講師

1980年2月:千葉県で生まれる
2011年1月:輸入転売をスタート
2015年4月:月収450万円を達成
2016年12月:人気投票でダントツのためBigtomorrow再掲載
・・・続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

LINE@

友だち追加数

おすすめカテゴリー記事