win-winの関係とは?

  • win-winの関係とは? はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

こんにちは
マネ虎こと伊藤です

今日はwin-winの関係というものについて
ご説明したいと思います。

この「win-win」という言葉

じつは19年前に
「The 7 Habits of Highly Effective People」
という書籍が日本で翻訳されたときに
はじめて紹介されました。

そう「7つの習慣」です。

最近ではリーガルハイというドラマでもwinーwinは使われていて

かなり市民権を得てきたと思います。

他にも自分が勝って相手が負ける
win-loseとその逆のlose-win

双方が負けてします
lose-loseなんて場合もあります。

そして一番手にやっかいなのが
「WIN」です。

これは自分さえ勝っていれば
相手が勝とうが負けようが関係ないという状態ですね。

ではいったいこのwin-winの関係というは
具体的にはどういった関係なのでしょうか?

単純に考えると
自分の利益になり相手の利益にもなる
ということですよね。

もちろんビジネスにおいても
人生においてもwin-winを考えて行動することは
良い関係をつくるうえで最も重要なことです。

特に何かの交渉をする時なんかは
win-winの関係をイメージすることがすごく大切です。

相手の立場に立って考えるということですね。

例えば輸送中の商品に破損があったとします。

受け取った側には非がないので
「そちらが悪いんだから全額弁償しろ!異論は認めない」
という考え方もあるでしょう。

しかしこれではwin-winの関係は築けないので
交渉は上手くいかなくなります。

運送会社のひとも人間ですので感情が
判断を左右するおおきな要因になります。

なので

今回これを保証してくれたら
相手にとってどんなメリットがあるのかを
うまく伝えなければなりません。

相手にとっても良くて
自分にとっても与方法です。

例えば

「今後もあなたとは良い関係でいたい」
ということや

「今後はもっとたくさんの荷物を送る予定」
だとかですね。

人間は理論的に考えようとしていても
つい感情が先に来てしまう生き物です。

このことをよく理解したうえで
win-winの関係というものを
上手に築いていってください。

 

mail

名前

メールアドレス


※ メルマガはいつでも解除できます。
  • 2015 03.14
  • win-winの関係とは? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

h_nosuke
株式会社アクションジャパン代表取締役
伊藤進之介(マネ虎 )

eBay仕入れヤフオク!販売・Amazon輸入
中国輸入・ネットショップ販売
あらゆる輸入ビジネスに通じた
いわゆる「オールラウンドプレーヤー」

主な活動
 ・輸入転売ビジネス
 ・コンサルティングサービス
 ・個人貿易倶楽部講師

1980年2月:千葉県で生まれる
2011年1月:輸入転売をスタート
2015年4月:月収450万円を達成
2016年12月:人気投票でダントツのためBigtomorrow再掲載
・・・続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

LINE@

友だち追加
※ いつでもブロックできます。

おすすめカテゴリー記事