ネットで効率的に稼ぐ為の方法

  • ネットで効率的に稼ぐ為の方法 はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

こんにちは

 

 

支配からの解放者

0→100輸入転売コンサルの伊藤です

 

 

現在はかなりお手軽に情報が手に入るようになりました。

1日で江戸時代の一生分の情報が手に入ります。

 

スマホの普及に伴いここ数年だけでもまた数倍に増えたそうです。

 

人間の処理能力も少しずつ増えていますがとても相手になりません。

 

 

そこで質問です。

 

現在のあなたが受け取っている情報の量は、あなたが処理できる情報の何倍だと思いますか?

 

 

これはなんと40,000倍にもなります。

 

つまり99.9%以上はゴミ情報なのです。

 

 

 

ということは欲しい情報を手に入れる努力よりも

要らない情報を捨てる努力をしたほうが圧倒的に効率的なわけです。

 

 

あなたの目的達成に直結していないメルマガなんかはすぐに解除したほうが良いですし、

 

ビジネス書や哲学書なども高確率で今のあなたにとっては不要なはずです。

 

 

それらは必要になったときに引き出せばいいのです。

 

 

いつか使うだろうなんて情報はいつになっても使いませんし、あなたの成長をも阻害しています。

 

 

 

 

僕の会社は法人化して3期目になりますが

法人化するとやたら営業の電話・DM・メールなどが増えます。

 

どうしても法人情報は公開されてしまうのでしかたのないことなのですが、

 

そんな方法で手当たり次第に営業してくるような会社の商品なんかは買っても損するだけです。

 

 

で、その対策としてどうしたらよいかというと

 

営業は全てを無視するという自分ルールを作っておくといいと思います。

 

営業電話・DM・メール、呼び込み、などなど

 

 

そんなものは相手にするだけ時間とエネルギーの無駄なのです。

 

 

いわゆるプロダクトローンチなんかもそのひとつです。

 

あなたにとって何のメリットも無い煽り動画を数回に区切って送り、さらにはコメントまでさせるあれですね。

 

その仕組みは以前にもお話しましたが、あんな催眠術のようなことをしないと売れないような商品なんかは買っても損します。

 

リスト代金、ネット広告費、ローンチ制作費、セミナー会場費などなど

 

販促にも結構なお金がかかります。

 

 

この莫大な費用を誰から回収するのかを考えてみればそれはもうあきらかです。

 

 

僕が今回募集したマネクエ2はわずか1週間で予定数以上を販売できました。

 

販促は僕の既存リストへのメールと一枚のレターだけですのでほぼゼロです。

 

 

レターを見ればわかりますが、企画の経緯と内容を綴っただけです。

 

自己紹介すら書いていません。

 

 

本当に良い商品というのはそれだけで売れるものなのです。

 

 

 

あなたもこのあふれすぎた情報社会で騙されない為には、必要なものだけを見極めるスキルが必要です。

 

 

その判断基準としては

あなたの目的(目標)を明確にしてそれの達成に直結しているかどうかです。

 

 

もし、直結していないのであれば

それはただのゴミですのでお宝の入る容量を邪魔しちゃっていますよ。

 

それはとてももったいないことだと思います。

 

 

P.S

 

最近はFBもインスタも広告が目立ってきましたので

僕のマイブームはtwitterになりました。
Twitterでは限定の呟きをしていますので

もし僕に共感できるのであればフォローしてくださいませー。

 

ゲリライベントもやるかもです。

mail

名前

メールアドレス


※ メルマガはいつでも解除できます。
  • 2017 05.29
  • ネットで効率的に稼ぐ為の方法 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

h_nosuke
株式会社アクションジャパン代表取締役
伊藤進之介(マネ虎 )

eBay仕入れヤフオク!販売・Amazon輸入
中国輸入・ネットショップ販売
あらゆる輸入ビジネスに通じた
いわゆる「オールラウンドプレーヤー」

主な活動
 ・輸入転売ビジネス
 ・コンサルティングサービス
 ・個人貿易倶楽部講師

1980年2月:千葉県で生まれる
2011年1月:輸入転売をスタート
2015年4月:月収450万円を達成
2016年12月:人気投票でダントツのためBigtomorrow再掲載
・・・続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

LINE@

友だち追加
※ いつでもブロックできます。

おすすめカテゴリー記事