世間はお前らのお母さんではない

  • 世間はお前らのお母さんではない はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

こんにちは

 

 

支配からの解放者

0→100輸入転売コンサルの伊藤です

 

 

まずはこの動画をご覧ください。

(84秒の短い動画です。)

 

 

利根川幸雄 伝説のスピーチ

 

 

文字に書き起こすとこうなります。

(一部過激な表現があります)

 

 

※※※

 

質問したら返ってくるのが当たり前か?

 

お前たちは皆まるで幼児のようにこの世を自分中心に求めれば周りが右往左往して世話を焼いてくれる

臆面もなくまだそんな風に考えてやがる。

 

 

甘えるな。

世間はお前らのお母さんではない。

 

 

お前らは娑婆で甘えに甘え、負けに負けてきた折り紙付きのクズだ。

クズにはもともと権利などは何もない。

 

 

それはお前たちが負け続けてきたからだ。

他に理由は一切無い。

 

お前らが今なすべき事はただ勝つこと。勝つことだ。

 

 

勝ったらいいなじゃない、勝たなきゃダメなんだ。

勝ちもせずに生きようとする事がそもそも論外なんだ。

 

 

勝つ事がすべてだ。勝たなきゃゴミだ。

 

※※※

 

 

理想論ではなく現実を直視したみごとな演説ですね。

残念ながらこれは否定のしようの無い事実です。

 

 

利根川先生はこのほかにも沢山の名言を残していますが

とくに秀逸なスピーチは「金は命よりも重い」のときです。

 

 

 

※※※

 

ひとは自分の存在、いわば命を削って金を得ている。

 

サラリーマンだろうが役人だろうが

エリートと呼ばれるやつらの人生を想像してみろ。

 

 

子供の頃から勉強に明け暮れどうにか一流企業に就職し

毎日満員電車で通勤しながら上司や取引先の顔色を伺い

 

そんな生活を10年以上も耐えに耐えて

30代なかばでようやく蓄えられる金が1,000万から2,000万。

 

 

今まで必死に勉強したわけでもなく

懸命に働いてきたわけでもない。

 

何の苦労もしていないお前らが2,000万円を手に入れるのであれば

これはもう命を懸けるしかないだろう。

 

 

※※※

 

 

これもぐう正論ですね。

 

 

世間一般で2,000万円を稼ぐということは

それくらい重いということなのです。

 

 

ところが、

こんな現実主義な利根川先生でさえも上司である兵頭会長には

「しょせんお前は指示待ち人間」と一蹴されてしまいます。

 

 

結局この利根川先生も

いってしまえばタダの中間管理職だったのです。

 

 

この続きがきになったのであれば
「漫画 賭博黙示録カイジ」を読んでみてください。

 

 

ただし

かなり気持ちは沈むと思いますのでそこは自己責任で。

 

 

 

漫画なんて読んでいたらおバカになる、みたいな風潮がありますが

僕はそうは思いません。

 

 

読む漫画によってはとても勉強にもなりまし

マネタイズできるアイディアも豊富にあります。

 

 

大切なのはあなたの下地となる知識と

それをどう転換できるか?という智恵なのですね。

 

 

 

P.S

 

AmazonでインベスターZが

15巻までタダ同然で売っています。

 

この漫画もお金の勉強になるので

時間のある方はチェックしてみてください。

 

僕は今はまり中です。

 

 

mail

名前

メールアドレス


※ メルマガはいつでも解除できます。
  • 2017 04.27
  • 世間はお前らのお母さんではない はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

h_nosuke
株式会社アクションジャパン代表取締役
伊藤進之介(マネ虎 )

eBay仕入れヤフオク!販売・Amazon輸入
中国輸入・ネットショップ販売
あらゆる輸入ビジネスに通じた
いわゆる「オールラウンドプレーヤー」

主な活動
 ・輸入転売ビジネス
 ・コンサルティングサービス
 ・個人貿易倶楽部講師

1980年2月:千葉県で生まれる
2011年1月:輸入転売をスタート
2015年4月:月収450万円を達成
2016年12月:人気投票でダントツのためBigtomorrow再掲載
・・・続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

LINE@

友だち追加
※ いつでもブロックできます。

おすすめカテゴリー記事