アンティークコインの相場判別法

  • アンティークコインの相場判別法 はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

こんにちは

 

支配からの解放者
0→100転売コンサルの伊藤です

 

僕がヤフオク!に出品している
アンティークコインにこんな質問が来ました。

 

「写真が鮮明ではありません。
残念です。 自信ないのでしょうか?

細部が確認できる写真でなければ
入札する人は少ないと思います」

 

僕としては
かなり鮮明に撮ったつもりではいたのですが
コレクターにとっては不鮮明だったようです。

 

それに、
僕は基本的にコインについては、
鑑定機関の認定があるものだけ仕入れます。
(有名なのはアメリカの鑑定会社NGC社・PCGS社)

 

こういった鑑定機関では
そのコインのグレードも審査してくれるので
基本的に相場はグレードで判断していました。

 

たとえば、こんなコイン
「1987年 英国ブリタニア100ポンド金貨 PF69UC」
226,000円
http://aucview.aucfan.com/yahoo/f148692768/

 

これはNGCが鑑定しており
「PF69のウルトラカメオ」
というグレードを付けています。

 

ちなみにebayだと
20万円くらいで仕入れられますね。

coin

 

 

 

 

 

ですので、僕はいままで
コインの相場は鑑定機関のグレードだけで
判断をしていましたので
写真は最低限の物しか用意していませんでした。

 

ところが今回のこの質問をうけて

 

コインの価格はグレードで決まっているのではなく
落札者さんはあくまで商品の詳細を見て判断しているので
同じグレードでも内容によって相場は変化する

 

ということがわかりました。

とてもありがたい質問ですね。

 

もしあなたも今後、
アンティークコインを取り扱う時には

 

コインの細部も鮮明にわかるような
大きめの写真を提供するようにしましょうね。

 

できれば一眼レフがいいです。

 

これだけでも
相場がガラッと変わると思いますよ。

 

mail

名前

メールアドレス


  • 2015 12.07
  • アンティークコインの相場判別法 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

h_nosuke
株式会社アクションジャパン代表取締役
伊藤進之介(マネ虎 )

eBay仕入れヤフオク!販売・Amazon輸入
中国輸入・ネットショップ販売
あらゆる輸入ビジネスに通じた
いわゆる「オールラウンドプレーヤー」

主な活動
 ・輸入転売ビジネス
 ・コンサルティングサービス
 ・個人貿易倶楽部講師

1980年2月:千葉県で生まれる
2011年1月:輸入転売をスタート
2015年4月:月収450万円を達成
2016年12月:人気投票でダントツのためBigtomorrow再掲載
・・・続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

LINE@

友だち追加数

おすすめカテゴリー記事