そのしつけは間違ってます。

この記事は2分で読めます

こんにちは
マネ虎です。

外食先などでお母さんが子供をしつけるときに

「おじさんに怒られるから静かにしなさい!!」

という場面に遭遇しませんか?

僕はこの言動にすごく違和感を感じます。

子供がうるさいくて迷惑なのは
おじさんもそうも含めた周りの方全員ですし

そもそも怒られるから静かにするのではなく
迷惑だから静かにした方がいいわけです。

僕に関していえば
子供が騒ぐことについて迷惑とは思いませんが
この母さんの言葉に不快感を覚えます。

根本的な理念が間違っているのです。

この理論でいうと
「怒られなければうるさくしていい」
ということになりますよね。

少なくとも僕がこの子供ならそう解釈し
怒られないためにどうするかを考え始め
人の迷惑というものは気にしません。

この考え方はビジネスでもいえて
「お金を稼ぐ」ことが目的になると

お金を稼げれば何をしてもいい
という感覚になってきます。

法を犯すと自分に罰則がありますからそれを
避けるようにいろいろ考え始めます。

人の迷惑は考えません。
少し前までの僕がそうでした。

でもそれは
そもそものビジネスの理論からずれています。

ビジネスの原則は
価値の提供とその対価です。

何かとは物であったりサービスであったりし
対価はお金が多いですね。

逆説的に考えればお客さんが満足すれば
何をしてもいいわけです。

だますのは無しですよ
絶対にばれますからね。

つまり輸入転売ビジネスで考えると
輸入する方法はなにもeByaじゃなくてもいいってことです。

amazonでもネットショップでもいいし
リアル店舗でもフリーマッケトでも

日本からでもでもブラジルからでもなんでもいいのです。
宇宙からでもいいでしょう。

それを欲しいひとに届ければいいのですから
ヤフオクからでもamazonでも
ショップでも訪問販売でも何でもいいのです。

つまり原則を守ればなんにでも応用できるのです。

ビジネスでもしつけでも原則はなんだろう?
ということを意識してみると

視野がぐっと広がりますし
正確な判断がしやすくなります。

一度試してみてくださいね。

ではでは。

P.S

一部に熱狂的なファンをもつ
経営コンサルタントの
一倉定先生の社長学という本にも
「天動説を疑え!」
という言葉がありました。

常識という観点ではなく
あくまで原則に沿って考えることが
非常に大切ということです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
発行者情報

発行者 マネ虎
相談  http://mane-tora.com/ご相談はこちら/
ブログ http://mane-tora.com/
Twitter https://twitter.com/nosuke0208
FB https://www.facebook.com/manetora001

mail

名前

メールアドレス


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

h_nosuke
株式会社アクションジャパン代表取締役
伊藤進之介(マネ虎 )

eBay仕入れヤフオク!販売・Amazon輸入
中国輸入・ネットショップ販売
あらゆる輸入ビジネスに通じた
いわゆる「オールラウンドプレーヤー」

主な活動
 ・輸入転売ビジネス
 ・コンサルティングサービス
 ・個人貿易倶楽部講師

1980年2月:千葉県で生まれる
2011年1月:輸入転売をスタート
2015年4月:月収450万円を達成
2016年12月:人気投票でダントツのためBigtomorrow再掲載
・・・続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

LINE@

友だち追加数

おすすめカテゴリー記事