マーケティング 哲学 経営 経済 金融

0からお金を生み出す方法

投稿日:

 

世界的な多くの成功者が実践している
ゴールデンルール

 

それは
「自分がして欲しい事は率先して人にしてあげる」
ということです。

 

これは
ナポレオン・ヒルの成功哲学のひとつですが

仏教やキリスト教でも説かれていますし
中国の古典や欧米の寓話でも頻繁に出てきますね。

 

ではなぜ
ほしいものを先にあげてしまうのでしょうか?

 

矛盾していますよね?

 

でも実はこれ
かなり理にかなったマーケティングだったりします。

 

先日は
こんな事がありました。

 

自転車がうまく進まないなと悩んでいたのですが
よくみるとタイヤの空気が抜けまくっていました。

 

そこで
近状の自転車屋さんに持っていって
空気を入れてもらったのですが

 

そこのおじさんが
本当によくしゃべる方だったのです。

 

当たり前ですが
自転車についてはかなりマニアック。

 

その知識を僕に披露するかのごとく
湯水のようにマシンガントークがとまりません。

 

30分くらい僕の自転車(クロスバイク)
についての知識をレクチャーしていただきました。

 

プロの専門知識なので
通常であればお金を払ってでも知りたい情報です。

 

それが今回は
空気入れ代の200円だけですみました。

 

このおじさんにとって
これでは赤字ですし割に合っていないと思います。

 

ところが
このことを妻にはなしたところ

 

じゃあ娘達の自転車はそこで買おうと言っていました。
もちろん僕も賛成です。

 

結果的に自転車屋のおじさんは儲かりましたね。

 

では一体なぜ
こういったことが起こるのでしょうか?

 

おじさんは
何げない会話の中で僕の中に
「信頼」を積み重ねていたのです。

 

これが「信頼残高」です。

 

この信頼残高は

 

あるときはモノ
あるときは情報
あるときはお金

 

と形を変えて引き出す事ができます。

この信頼残高には大きな利息がつきます。

 

それに人から人へ伝染しますし
その移動の中でも利息がつきます。

 

今回の場合

 

僕がおじさんからもらった信頼残高が
妻に移動するときに増え

 

おじさんの自転車の売上(お金)へと
変換されたんですね。

 

このように
ゴールデンルールは矛盾しているようでも
かなり理にかなったマーケティングなのです。

(多分おじさんは意識してやっていませんが)

 

もしあなたも
なにかほしい物があるのであれば
まずは信頼残高を貯めてみてくださいね。

 

あげたときよりも
大きくなって引き出す事ができますので。

 

P.S

期間限定でマネクエXへの扉が復活中です。
効果的に信頼残高を貯める方法も教えています。

https://mane-tora.com/cs2/86/

 

メルマガ登録

mail

名前

メールアドレス


※ メルマガはいつでも解除できます。

人気ブログランキング

-マーケティング, 哲学, 経営, 経済, 金融

Copyright© eBay輸入転売で脱サラする方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.