輸入転売

バーサーカーに学ぶ習慣化のコツ

投稿日:

こんにちは
マネ虎です

月日が経つのは早いもので
僕が脱サラしてから8か月が経ちました。

脱サラしてはじめの3か月くらいは
寝る間も惜しんで商品リサーチをしながら
教材を作りつつメルマガも書いていました。
もちろん出品や梱包・発送・お客様対応すべて一人でこなします。

僕の最大の趣味であるキックボクシング
のトレーニングも欠かさず行っていました。

ところが最近はリサーチもろくにせず
売れ筋の商品をただ仕入れてただ販売しているだけです。

あとはトレーニングしたり映画観たり本読んだり
たまにセミナーに参加したりときままな生活を送っていました。

それでも月利は100万円ほどをうろうろしています。
(↑これがダメ)

ところが最近になってとある超大物のコンサルを受けはじめてから
「このままじゃ僕は進化できないし何より面白くない!」
ということに気づきました。

そこでまた、商品リサーチを開始したのですがこれがめんどくさい・・・。

30分ほどリサーチして全然見つかりませんでしたのでやる気もうせたので
気分転換に走りってきました。

//・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・//

脱サラした当初は寝る間も惜しんで毎日リサーチをしていました。

このときはかなり楽しんでやっていて
8時間とか全然平気にやっていました。

寝ないと体がもたないので仕方なく中断する感じです。
ですのである意味バーサク状態の僕に読者さんからの質問で

「儲かる商品が見つかりません」
「リサーチがつらいです」

こういった類の質問を受けても意味が分かりませんでした。

儲かる商品は見つかるまでやれば見つかるし
リサーチがつらいとか思ってもいませんでしたから。
(そんな時は実際に僕が探して現物を教えあげたりしてました。)

ところが今日久しぶりにリサーチをして
やっとその意味が分かりました。

30分リサーチして見つからないと
もう儲かる商品なんてないんじゃないか?
という錯覚に陥りますしモチベーションも続きません。

そういえば僕もバーサク状態になる以前はご多分に漏れず
リサーチがつらかったの思い出しました。

ところが「脱サラしたい」という強い意志で
毎日必ずリサーチをすることを心に決めたことがありました。

どんなに疲れていてもどんなに眠くても
「必ず一回はリサーチする」
というルールだけを決めて毎日パソコンに向かいました。

それでも頭が回らないくらい疲れていれば
リサーチはやめて寝ればいいのです。
逆にもっとイケそうならばもっとやればいいのです。

これは僕がキックボクシングの練習で
「走る」
と決めた時に利用した習慣化のコツです。

この時は毎日かならず1歩でも走ると決めました。

どんなに疲れていても、どんなに寒くても
一度1歩外に出てしまえば意外と走れてしまうものでした。

だめならすぐに帰ってもいいルールですのでそこまで辛くありません。

走っていてだんだん楽しくなってついつい走る過ぎてしまう日もあります。
それもOKなんです。

このようにあなたもなにか達成したいことがあれば
まずはものすごく低いハードルを設定して
必ずやるということをためしてみてください。

いつのまにかバーサク状態になってしまうかもしれませんよ。
そしたらこっちのものです。

ではでは

P.S
ネット初心者でも3か月あれば月収10万円は稼げますし
1年あれば月収100万は行けるでしょう。

年収が1,000万円くらいあればいいのならこれひとつで十分です。
その方法はこのコンテンツに全て集約しました。

「マネトラクエストX」
https://mane-tora.com/cs2/84/
(リンクが無効の場合は募集を停止しています。)

P.P.S
輸入転売で月に10万円くらいならこの方法で稼げます。
【無料】初心者が輸入転売で月10万稼ぐまでの最短の方法【全10回】
https://mane-tora.com/cs2/87/


ネットビジネス ブログランキングへ

現在?位
  ↓↓↓

ネットビジネス ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
発行者情報

発行者 マネ虎
相談  https://mane-tora.com/ご相談はこちら/
FB https://www.facebook.com/manetora001
Twitter https://twitter.com/nosuke0208

メルマガ登録

mail

名前

メールアドレス


※ メルマガはいつでも解除できます。

人気ブログランキング

-輸入転売

Copyright© eBay輸入転売で脱サラする方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.